ニューイヤー駅伝と箱根駅伝も終わり、そこで一流選手からパワーをもらったところで2020年の目標を設定したいと思います!

1500m 4分10秒

昨年のベストは4分17秒。走り自体にバネがなくなっているためバネを取り戻す練習も取り入れたいと思います。1500mの距離としてはそこまで重要視しませんがスピードがなくては高速レースに対応できないためレースの入りに余裕を持たせるイメージですね。短めのヒルスプリントを取り入れて強化していきたいと思います。

3000m 8分50秒

昨年は9分6秒(非ヴェイパーフライ)止まりでした。力の上積みがあるのと自転車トレーニングも積んでいけば可能なタイムかと思います。5000mを14分台で走ろうと思えば最低限クリアしなければいけないタイムですね。

5000m 14分59秒

今年最大のターゲットです。昨年はヴェイパーフライを履いて15分17秒、非ヴェイパーフライで15分33秒でした。とりあえずヴェイパーフライありきで14分台を目論みます。感覚的に1000m×5本(R60秒)を2分57〜58秒でこなせればクリアできると考えています。

10000m(10km) 31分30秒

昨年は非ヴェイパーフライで32分48秒がベストでした。10kmあくまで5000mの延長線で考えています。15分くらいの力が有れば15分30秒くらいは余裕を持って通過できるでしょう。あとはネバーるだけですね!

ハーフマラソン 71分台

昨年は経験なし。ハーフマラソンも基本的には5000mの延長線として考えています。スピードを強化とLT値を高めて、3分25秒あたりで余裕を持って押せていけたらと思います。ハーフは実に10年以上振りなので楽しみでもあります。

目標は高く設定しましたが頑張りすぎず楽しむ事を忘れずに走りたいと思います♪( ´▽`)

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です