コロナ、コロナで毎日神経を使う生活を送っています。外で走る分にはうつらないよなぁと思いながら練習を続けています。

今日は遠征して練習をしてきました。しかも3人での練習!ぼっち練ばっかりのパパランにとっては新鮮なんです。

メンバーは高校の同級生テッパン(TPN)と将来期待の若手ランナーHくんです!

11kmペース走

遠征先はテッパンの本拠地ということでメニューはお任せしました。事前情報では1km4分切りで11kmという事で余裕を持って臨んだところ、実際には1.1kmが4分切りを見間違いをしていたようです( ̄∇ ̄)ガーン

余裕をこいてペガサスターボしか持ってきてない( ´Д`)ターボは3分30秒くらいまでペースを上げると急に走りにくくなるイメージがあります。他にシューズがないので仕方ないですが・・・頼むぞ、ターボ!

軽くウォーミングアップを終わらせていざペース走

入り1km3分26秒。うそーん、テッパン。のっけから速すぎ・・・

スタート直後はスピードに余裕がありませんでしたが徐々に体が温まり落ち着きを取り戻します。

ペースは3分30秒前後で推移。引っ張ってるテッパンはきついんだろうなと思いながらも風よけにさせてもらいます^_^ゴメン、テッパン

8キロ過ぎにHくんが遅れ始めます。あと2kmどれだけ粘れるか。若いHくんにとってはこの壁を乗り切れるかどうかで、未来が変わってきます。伸び代が知れているおっつぁんとは訳が違うんです!

テッパンとパパランはそのまま最後まで走り切りました。Hくんも粘って少し離れてフィニッシュ。

周回グルグル20周(1周550m)
ロードにも関わらず素晴らしいイーブンペース

おかわり1km

1周ジョグでつなぎ、おかわりの1km。フォアフットでアキレス腱が疲労していたのでスピードが出せるか不安でしたが、やるしかない!

気合いの3分切り

なんとか3分切り。体のブレが少し気になりましたが足は最後まで持ちました^^;

感想

・人と練習するのは新鮮でよい

・集中すれば花粉症は忘れる

・ペガサスターボは3分40秒までにしたい

・写真撮る余裕がないくらい疲れた

今日は、伸び代しかない若手と練習する事ができました。Hくんはまだ線が細く走りに力強さがありませんが最後まで粘り強く走ってくれました。

将来を担う彼らが、更に次の世代にタスキを繋いでくれるよう、指導をしていきたいと思います!

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です