今日はポイント練習の日という事で山インターバルをやってきました。

2日前に300段の階段ダッシュをした影響で筋肉痛になりました。という事ですあまり強い練習はできません(T . T)

そうだ、ゆっくりインターバルをやろう!

そうです、インターバル○カなんです( ´∀`)という事で500m×10本に挑戦しました。いつものように全力ではないので気楽に走ります。

1〜4本目まではリラックスしてフォームや接地を確認しながら走ります。5〜7本目で少しペースアップ。徐々にエンジンがかかってきました!8、9本目はほぼMAXに。10本目は最後の力を振り絞り登り切ります!

結局、MAXまで追い込むことになってしまいました。性分ですねぇ( ̄∇ ̄)

流石に500m10本は疲労を感じました。足より体力的な消耗が激しく終わってから強い睡魔に襲われてました。(ブログを書きながら寝落ち→今日は・・・で始まっていますが投稿は翌日になってしまいました)

20kmオーバー

距離に拘らないパパランは滅多に20km以上走ることがありません。もしかしたら前回20km以上走ったのは1年以上前かもしれませんね(記憶がありません^^;)

まとめ

・足づくりのためにインターバルで距離を稼ぐのは有効

・調子が悪くてもポイント練習をするべし→大概追い込みたくなる

・(山陰の)冬は穏やかな日に人一倍練習をするべし→いつ天気が崩れるかわからない

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です