暖冬の影響もあり1月は例年に比べて良いトレーニングが積めました。今日は1月の練習総括と感想などなどを書きたいと思います。

レースは出ていません

今月は試合に出る事なくトレーニングのみとなりました。モチベーションの維持が心配でしたがフォアフット走法導入という新たな取り組みのおかげでモチベーションを保つ事ができました。

走行距離は369km

この時期にしては奇跡的に天候に恵まれ距離を踏む事ができました。平日は6〜10km、休日は20km以上走るサイクルで回していきました。

昨年は悪天候でトレッドミルで走る事が多かったのですが今年は夜でも穏やかな天気が多くトレッドミルに乗ったのは1回のみ。

ちなみに昨年は233kmでしたね(^^;;

ポイント練習

ポイント練習は合計8回行いました。内訳はトラック練習3回、山トレ5回です。スピードは重視せずに足作りするための練習に重点をおきました。トラックシーズンでは昨年以上のスピードが求められるため土台をしっかり作る事が目的です。

トラック練習は8000mビルドアップ2回と1000mのインターバルを1回。全てハーフマラソンの目標ペースより少し速い3分20秒を意識した練習でした。感触的には余裕を持ってこなす事ができて満足しています。

フォアフット走法

新たな取り組みとしてフォアフット走法に挑戦しました。今までの走りを一度棚卸しして一からの取り組みです。成功すればラッキー、失敗しても指導するときの役立つはずです。いろいろと実験をしていきブログでも紹介していきたいと思います。

クロストレーニング

室内自転車を使ってのクロストレーニングも継続して行っています。1月は8回タバタトレーニングを実施。体調不良や筋肉痛もありパフォーマンスは安定しませんでしたが何とか週2ペースを維持する事ができました。

このトレーニングは試合の終盤の苦しい時に真価を発揮するため試合から離れている今は実感がありませんが必ず生きてくると信じています。とにかく20秒10秒を回し続けるのみです( ̄∇ ̄)

まとめ

・順調に練習は消化できた

・距離を踏む事ができた

・フォアフット走法は完璧ではないが感触は良い

・クロストレーニングも順調に消化

あれ?出来過ぎじゃない!?それとも自己満??

幸時魔多しという諺もあるので気を引き締めて2月も頑張っていきたいと思います!

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です