パパランの2019年のランニングの総括をしていきたいと思います。

1月233km 2月256km 3月345km

今年の1.2月は山陰地方にしては天気が良く比較的外で練習ができたかと思います。
一昨年前は山での練習をあまりしていなくて、少し離れた場所で距離走を行っていました。
ある日、練習場所まで行くのが面倒くさくて近場の山で練習を済ましたことがきっかけでした。
時間をかけずに集中して質の高いトレーニングができる!この気づきが今年の成功につながったといっても過言ではないですね。
また、3000m8分台の中学生と練習する機会もありスピードを落とさずに冬場を乗り越えれました。

4月326km 5月362km 6月315km

4月には駅伝1本、5月はトラックレース2本、6月はトラックレース1本に出場。
走行距離にはあまりこだわらず週に2回ポイント練習をこなす。5月3000mのレースで8分台を目指すも達成ならず(9分06秒)。6月には10数年ぶりに1500mのレース(4分17秒)にも出場しました。スピード磨くも体がついてこずといった感じでしょうか。

7月376km 8月352km 9月338km

この一年間では一番走行距離が伸びた時期ですね。次男が生まれたタイミングなのによくここまで走れたなと。理解のある嫁さんに感謝したいと思います。
地元中学高校にプレイングコーチとして参加。学生を引っ張りながら指導もこなしました。一昨年は中学生に練習を合わせるあまり自分の練習ができず調子が上がってきませんでした。その反省を踏まえ、指導で走ることと自分の練習は分けることに。この判断が好結果につながることになります。故障をせずによく頑張りました。

10月359km 11月349km 12月197km(12/25時点)

10月からは10km前後のレースが続きます。量と質を求めるトレーニングに。小さいレースでは調整せずに練習の一環で臨みます。5000mでは15分台はいつでも出せる感じになってきました。11月までは質を求め12月は風邪をひいてしましましたが原点に戻り山練習を増やしました。

まとめ

2019年の走行距離3812km(12/25時点)
1年を通し距離を走らないといけないという強迫観念はないが300kmは意識していました。
“距離不足を質でどうやって補うか”をテーマに1年練習を積みました。幸い故障することなく1年間続けたため納得できる結果を出すことができました。
しかし同じことをやっても結果が出し続けれる保証はありません。日々、少しずつではあるがベースアップをしていき来年は最大の目標である5000m14分台を達成したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。よければ下のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング
投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です