今年も早いもので残すところ今日1日となりました。年が明けると駅伝ラッシュですね。ということで今日は1月に行われる駅伝のメジャーどころを紹介したいと思います。

1月1日 ニューイヤー駅伝(第64回全日本実業団駅伝)
https://www.tbs.co.jp/newyearekiden/

オリンピックイヤーとなる今年のニューイヤー駅伝。マラソン代表最後の枠をかけたMGCファイナルチャレンジに出場する選手やトラックでの東京オリンピック出場を虎視眈々と狙う注目選手が出場する“日本で最もレベルの高い駅伝”です。

1月2~3日 箱根駅伝(第96回東京箱根間往復駅伝競走大会)
https://www.hakone-ekiden.jp/

もはや正月の風物詩、注目度はオリンピックに匹敵するとも言われている怪物駅伝。将来日の丸を背負うであろう選手たちが母校の名誉をかけて走ります。
その一方で関東ローカル大会と揶揄されることも・・・

箱根駅伝ライブ配信
https://tver.jp/corner/f0043800

第95回箱根駅伝ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=_Siw0oNOn04

1月12日 都道府県対抗女子駅伝(皇后盃第38回全国女子駅伝) 
https://www.womens-ekiden.jp/about/about.html

都道府県対抗女子駅伝は京都府で開催されます。先日行われた全国高校駅伝・男子の部と同じコースを走る42.195kmです。実は都道府県駅伝は男子より女子のほうが歴史が古いんです。中学生から一般まで参加するため学生にとっては憧れの選手と一緒に走れる貴重なレースとなっています。

1月19日 都道府県対抗男子駅伝(天皇盃第25回全国男子駅伝)
https://www.hiroshima-ekiden.com/

こちらは女子駅伝の一週間後に広島県で行われる男子駅伝。女子同様に中学生から社会人までが出場します。なぜ女子と別の日に別の場所で行われるかは謎です。


駅伝ファンにはたまらない1か月です。初詣に行く時も買い物に行く時も駅伝が気になる人は多いんじゃないでしょうか。最近はyou tube等でライブ配信してくれるのでTVに張り付かなくてもいいので便利時代になりましたね。ただし車の運転中は気をつけましょう(^_^;)
一流選手の走りを見て刺激をもらい、今後の練習につなげていきたいですね(#^.^#)

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です