今日は、昨日から利用制限が解除された最寄りの競技場で練習をしてきました。

約1ヶ月ぶりのトラック練習。非常事態になってやっと気づく平常時の幸せ。当たり前の日常(平穏な日常はまだまだ先ですが)に感謝して練習したいと思います!

12000mペース走

という事で今日の練習はトラックで12000mのペース走をやる事にしました。ペースは3分30秒。

今日の練習の相棒はアディゼロ ジャパン5!ジョグではイマイチしっくりきていなかったので感触を確かめる意味でもチョイスしました。

新作のポテンシャル炸裂か!?

1000mの入りは3分34秒、2000mは3分31秒とまずまずの入り。後半上げたかったので前半は頑張りすぎないように心がけました。

3000m、4000mは3分31秒で推移。ペースは悪くなかったのですが、イマイチ調子が上がらない( ´∀`)

呼吸の苦しさ、足の重さ、背中の張り・・・走りながら修正を試みるも一向に状態が悪いまま。気温も上がり、風が出てくる中、気持ちが折れそうになります。

5000m3分30秒。ペースを維持するも苦しさは変わらず。あまりの調子悪さに6000mを3分31秒で通過したところで止める事に・・・

練習を止めることは滅多にないのですが今日はダメな日⤵︎

とりあえずシューズをtakumi戦に履き替え再びトラックへ。

シューズのせいにしてみる

シューズを履き替えて走るも、思ったような走りは出来ず2000mで終了・・・

結局、6000m+2000mを消化不良で終わるという、何ともしょっぱい競技場リスタートになってしまいました(T . T)

好走に不思議な好走りあり、凡走に不思議な凡走なし

故 野村克也監督の言葉を拝借しました。常々凡走した際には原因を分析する様にしています。

原因としては考えられるのは、GWの気の緩み、シューズ問題、風、暑さが考えられます。

力不足は棚に置いておき、主要因は恐らく季節の変わり目で体が暑さに対応できなかったものかと思います。

暑さに体が順応してくれば自然と走れるようになってくるでしょう!と納得させて気持ちを切り替えるのが大事なんです!

追伸

気持ちを切り替えるの大切と言いながら、夕方からおかわりの山インターバル・・・(割と引きずってます)明日から気持ちを切り替えて、また頑張りたいと思います!

山と空とトラックと美しいコントラスト
投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です