今朝、厚底シューズについての速報が飛び込んできましたね。イギリスのガーディアン紙によると世界陸連はナイキの厚底シューズについて全面的な使用禁止を見送る方針だと伝えました。

前回の報道は何だったんだ??世論に屈したのか?報道であるようにナイキの賠償請求を恐れたのか?規制反対派のパパランとしては胸を撫でおろしましたが正式発表ではないのでまだ安心はできませんね。

勝者はナイキ

でしょうね。この件はワイドショーや市民レベルでもで話題になるほど注目されています。パパランもヴェイパーフライについてよく聞かれるようになりました。ナイキとしては規制されれば「靴を履けば速くなる」というお墨付きをもらったようなものでどちらに転んでも勝者になりそうですね。

新たなシューズ技術の導入を一時停止

ヴェイパーフライネクスト%まではセーフになりそうだがこれ以上はオリンピックが終わるまで導入できないという内容。とりあえずこの話題はオリンピックが終わるまで抑えたいという事でしょう。

ということはオリンピックまでに発売が予想されるアシックス、ミズノの高反発シューズは先送りされてしまうのでしょうか。個人的にはどんどん出してもらってヴェイパーフライを始めて履いた時のような驚きを体験したいと思っています。

規制を強化

世界陸連は今まで曖昧だった靴の基準を明確なものにするとの事です。また将来的には大会使用前に試作品を世界陸連に提出し承認を受けなくてはいけないようです。

それを考えると、今まで「シューズの画期的な進歩はない」と考えられていた事がわかりますね。それをヴェイパーフライで進歩過ぎてしまったため検討する必要に迫られたという事でしょう。

結論は31日発表

報道に一喜一憂するのもあとわずか。良い結果を待ちたいと思います( ´∀`)

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です