今日はパパランのクロストレーニングを紹介します。経験上、マラソンランナーや駅伝ランナーは走る以外の練習に消極的なイメージがあります。パパランも現役の頃は走る以外に筋トレなどはやっていましたがあまり積極的にはやっていませんでした。

理由は他のトレーニングで速く走ることができるという確証がかったからです。そんな時間があれば走る練習しちゃうよーと思っていました。頭が固いですね〜^^;

年齢を重ねると走るトレーニングだけでは体力低下に歯止めをかけることが難しくなってきます。その上、強いトレーニングは故障につながります。より頭を使ったトレーニングが必要になります。

そんな時に友人ランナーに勧められたのがバイクトレーニングでした。バイク(自転車)はパワーメーターを使いデータを客観的に見れるため自分の状態がわかりやすいんです!いろいろ知るうちに眼から鱗の情報が入ってきます。同時に陸上界でも転用できたら練習効率は上がるんだろうなとも感じました。それはさておき、友人に勧められてエアロバイクに乗る事に。

感想は 死ぬほどキツい、いや死んでしまう でした。

しかもやった練習はタバタ式トレーニング!そうです、あの20秒と10秒を繰り返しわずか4分で終わるトレーニングです。たかが4分されど4分、逆に4分も体力がもたないから有効とも言えます。それ以来、自転車に乗るのがトラウマになったのはやったことある人みんな通った道かと思います(^_^;)

自転車タバタをやる前と後では走りに以下のような変化が見られました。

開始前

1.レース後半でたれる。特にラスト1周がペースが上がらない。

2.体より先に心肺の方がきつくなる→結果体が動かなくなる

3.自分自身の力を全て出しきれず消化不良のレースになってしまった

開始後

1.ラスト1周でペースUPができた。勝負どころまでの逆算が正確になった。

2.心肺に余裕があり体を動かしても最後まで走りきれるようになった

3.レースでの消化不良がなくなった

有酸素能力と無酸素能力どちらも向上が期待できるタバタ式トレーニング。でも1番先に身につくのはこのトレーニングに耐えられる根性がつくことかなと思います。それはそれで良いわけで今では欠かせないトレーニングになりました。

パパランの自転車トレーニング

ウォーミングアップ5分

タバタ式トレーニング4分

クーリングダウン5分

基本ポイント練習の日を外して週に2回ペースでやっています!

良かったら参考にしてみてください!きっとランニング能力向上に繋がると思います!

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です