今月に入りニューシューズ発表ラッシュが続きましたが、最後にニューバランスからもカーボンプレート入りのシューズが発表されました。

その名も「フューエルセルTC」と「フューエルセルRCエリート」です。←1回聞いただけでは覚えれないですね (^-^;

以前発売されていた中距離用シューズ「フューエルセル5280」と合わせて、カーボン・フューエルセル3兄弟揃い踏みといったところでしょうか。(フューエルセル レベルはカーボンプレートが入っていないため置いておきます)

フューエルセル5280 出典:ニューバランス

5280は攻撃的なデザインですねー。確かにスピードが出そうな気がします!

フューエルセルTC

フューエルセルTC 出典:ニューバランス

見た目はフツー、中身は凄い??一見どこのメーカーかわかりません^^;

ナイキでいうところのズームフライ的な位置づけになると思います。重量と250g程度と予想します。

ズームフライ(以下ZF)が「リアクト×カーボン」に対してフューエルセルTC(以下TC)は「フューエルセル×カーボン」と上級モデルと同じミッドソールの組合せになっています。

ナイキのZFとヴェイパーフライ(以下VF)の使用感の違いはミッドソールとカーボンの相性の差だと思っていたため、同じ組み合わせで出したことは驚きですね。

まあ24,200円という価格設定からすれば上級モデルと遜色ないとも取れますが・・・ZF以上の可能性もありますね(ブレまくりです^^;)

フューエルセルRCエリート

フューエルセルRCエリート 出典:ニューバランス

5280に比べてマイルドな印象ですね。アウトソールの形状からしてフォアフット以外でもいけそうですね!

これはナイキでいうところのVFですね。重量も200g程度になるようなのでメーカーの本気度が読み取れます。

価格は28,600円とVFに迫る勢いです。恐らくTCに比べてかなり軽量化されていると思われます。アッパー素材やアウトソールなどを軽量化してトップランナー使用になっているのは間違いなさそうですね。

発売日はアメリカで3月24日ということでアメリカの五輪選考会や東京五輪本番を見据えたシューズだということが伺えます。

日本人のニューバランスを履くトップ選手が東京マラソンで履くかどうかも注目したいですね!

HANZOシリーズはどうなる?

気になることが1点。某靴の匠とのコラボでニューバランスの代表的シューズとなったHANZOシリーズはどうなってしまうのでしょうか??

HANZO S 出典:ニューバランス

厚底シューズが話題になる中、大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生選手はニューバランスの薄底シューズ(HANZOではないかもしれませんが)を履いていたのは記憶に新しいところでしょう。

流行りの「フューエルセル」か、正統派の「HANZO」か!?

パパラン的にはメーカー内で切磋琢磨してもらい、どちらも世界を驚かすようなシューズを作ってもらいたいと思います!

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です