春休みのジュニア指導シリーズ。日曜日はトラック練習。

今日は600m×5本(R=300m)のインターバル。設定タイムは3本目まで300mを69秒ペース。4.5本目は66秒ペースで行いました。

今日の参加者はジュニア4人サポート3人(パパラン、ザキヤマさん、[テッパンじゃない方の]テッチャン)。サポートがこれだけあると助かりますね!(^^)!

動きづくり、ウオーミングアップ、流しを終えて本練へ

スタート

1本目。設定は69秒でしたが1周目をピリッと67秒で入ります。少し速めでしたが極端にペースを落とさないよう指示します。気が緩んだのかペースは少し落ちて2分18秒。

2本目は、何と小学生(女子)が果敢に先頭に出て引っ張ります。気持ちが前面に出ていていいですね^ ^ タイムは2分16秒とまずまずで推移します。

3本目は中学生のみで2分16秒。ここで2人が苦しくなります。少しペースを落として、しっかり最後まで走り切るように指示します。

4本目は小学生も合流。ここでも小学生が果敢に先頭を走り1周目61秒で通過。2周目も粘り強く走り切り2分4秒。積極的な走りに加え苦しくなっても我慢できる根性には恐いりましたm(__)m

5本目は2分5秒。大人も中学生も頑張りました。だがここで終わらないのが春休み。おかわり練習を決行。

おかわり6本目は2分7秒。途中離れる場面もありましたがラスト100mで追いつき最後は一緒にフィニッシュ。元受験生頑張った!!

5本目は1200mぶっ続けで走りました

感想

先週200mインターバルはまずまずこなせていました。200mのインターバルは40秒ほどなので誤魔化しがきくんですね。

しかし600mでは我慢ができませんでした。今日のインターバルは中長距離ランナーに必要なスピード持久力の有無がモロに現れます。ペースを落としたとしても、2分強は我慢できませんね。

この練習に苦手意識がなくなるような練習を積んでいきたいと思います。

ピンチはチャンス

暖かくなってこれからという時期ですが、新型コロナウイルスの影響でいつまで合同練習ができるかわかりません。1日も早く収束してもらいたいものです。

この調子だと4.5月の大会は中止かもしれませんね。

そんな時だからこそ、自分自身に向き合い練習ができると思います!このモチベーションどん底ピンチを自己研鑽のチャンスと捉えて頑張っていきたいと思います٩( ‘ω’ )و

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です