3月16日は鳥取マラソン開催予定でしたが新型コロナウイルスの影響で中止になりました。いつも使っている競技場はマラソンに参加予定だった人がそれぞれの思いで鳥取マラソンの穴埋めランを行っていました。

いつも練習に参加しているチームはマラソンが中止になったという事で、なぜか5000mタイムトライアル(^◇^;)結局5000mするのね・・・好きなんです5000mが!(パパランはマラソンに参加予定ではありませんでしたが参加することに)

この日はあいにく風が強く、タイムトライアル日和とは言えません(*´Д`)(マラソン中止で良かったかもです・・・)

今回で3週連続のタイムトライアルでお腹一杯と思いきや今日は違うんです!

久々にヴェイパーフライに足を入れることに!(^^)!

気持ちが入る

ヴェイパーフライを履くと一気にテンションが上がります。やる気スイッチですね!!

アップを終え、今日のプランを考えます。

コンディションが悪いためタイムは狙えないので、一緒に練習している若手のH君のために15分台(400m75-76秒)で引っ張ることに。ラスト1km15分台で上げれればいいかなと軽い気持ちで臨みます。

スタート

スタート直後から高校の先輩モリキュウさんが飛び出します。少し速そうだったので反応せず75-76秒で押していきます。

1000m3分10秒で通過。もう少し余裕があると思っていたが意外とキツい。

2000m6分21秒。何とか76秒をキープ。この辺りで後ろについていたテッパンとH君が離れる。単独走になる。

3000m9分31秒。単独走で前を走るモリキュウさんの背中を追う。3400mあたりでモリキュウさんを捕らえる。

4000m12分41秒。ほとんど余裕がないが何とかペースは維持できている。モリキュウさんは後ろにピッタリついている。

スピードスター

先輩モリキュウさんは昔からスピードランナーでスピード勝負で勝った事はありません。

嫌な予感・・・

これモリキュウさんペースじゃね??途中で離しとかないと負けるよね( ・∇・)

案の定、あと100mでラストスパート炸裂!!

スピードスターにラスト100mで3秒も置いていかれました( ̄▽ ̄)

反省

・ヴェイパーフライを過信し過ぎた(実力がない)

・スピードスターはラスト1周までに諦めさせる

・まだまだ修行が足りません

ちなみにH君は16分30秒と振るわず・・・少し練習をさせ過ぎたかもしれません。しかしこの経験は今後必ずや生きてくるはずです!

疑問

ヴェイパーフライは今年に入り2回履きましたがあまり昨年ほどしっくりこない感じがします。

思ったよりスピードが出ないんですね( ̄▽ ̄)ランニングエコノミーも思ったより改善されていない感じです。

考えられる原因は

1.フォアフットがしっくりきていない

2.スピード練習をしていないためスピード不足

3.地力の低下

のいずれかかなと思います。1.のフォアフットと薄底でもスピードが出せないため可能性が高いです。3分20秒くらいまではいい感じですが、3分10秒を切ると途端にフォームに無理が出てきます。

次にヴェイパーフライを使う時は従来の走り方で検証してみたいと思います。

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です