コロナは走ってぶっ飛ばせ!

という事で、今日は週に3回(期間限定)のジュニア練習。走りながら指導するランニングコーチスタイルで200mのインターバルをやってきました^ ^

ジュニアはトラックでのインターバルは久々だったため、とりあえず無理のない距離から始めます。

総勢15名といつもより多かったためA、Bチームに分けて行いました。

無敵で挑む

今日の相棒は足袋シューズの「無敵」を選びました。200mと短く足への負担が少ないので思い切ってチョイスしました。

どんな靴よりも強そうな「箱」

やはり足袋シューズは目立ちますね(*´Д`)

ヴェイパーより目立つかも^^;

設定タイムは

Aチーム

10本目まで 38秒-R40秒 → 11本目以降 36秒-R35秒

Bチーム

全て40秒-R45秒 

Aチームで1500mを4分30秒を切るイメージ、Bチームで1500mを5分切るイメージで設定しました。

今日は小学生もいたため、本数は10本~20本と幅を持たせました。

スタート

とりあえず5本目までパパランが引っ張ります。無敵の感覚は悪くありません。軽い接地でスピードも出ます。アキレス腱の痛みが出る前にゴールするのでストレスなくこなしていきます。ペースは37~38秒で推移します。

まずまずのペース

5本目で中学生に交代。36~37秒で推移していきます。中学生にとってこの練習はイージーなのか??

少しペースが上がります

後半

11本目から再びパパランが引っ張ります。少しペースを上げ35秒台で推移していきます。苦しくても200mなのでついてきて欲しかったのですが、次々と離れていきます。

17本目についに1人になってしまいます。2本空けて中学生は再合流。抜けた分も追加で走りメニューを消化しました!

後半は36秒切り

感想

・きつくても我慢できる200m

・年齢を問わず使える練習(体ができていない中学生とスピードがない大人にはちょうどいい)

・中学生はコロナの影響で練習ができていない

・リカバリー調整でいくらでも負荷を変えられる

無敵の感想

・200mは持つ

・今日はアキレス腱の痛みが劇的に少ない

・練習後、背中が痛い

・濡れたタータンではスリップが気になる

・コーナーではグリップが厳しい

練習についての反省点もありましたが、大人数でワイワイ練習をこなすことができました。

風も強かったのでコロナの影響もないと思います!

シーズンイン!?

4月まであと10日。本来なら陸上競技はシーズンインの時期ですが、新型コロナウイルスの影響でしばらく試合はないかもしれません。

競技会の再開を見据え、しっかりジュニアの走力を維持向上を図りたいと思います(^ ^)

今の環境でできることをできる範囲で続けていきたいと思います!

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です