アディダスからカーボン入り最上級モデルのアディゼロ プロが発表されましたね。

アディダス初のカーボンプレート入りシューズ
 アディゼロ プロ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000679.000003301.html

ナイキの厚底シューズが過熱する中の発表となりました。発売日は4月1日になるようです。

アディダス公式ショップはまだ発売まで1ヶ月以上あるのにcoming soonになっていました。煽りますねぇ^ ^価格は税込で24,200円とまずまずの金額←昨今厚底シューズの登場で金額がマヒしています(*´Д`)がアディダス好きとしては期待せずにはいられません!

アディゼロ プロに期待すること

第一にシューズの重量は180g(27.0cm)くらいには抑えてもらいたいです。アディゼロ takumi senが重量upで200gくらいになりました。200gは重くはないんですが最上級モデルとしては少し物足りないので、ここは頑張ってもらいたいです。

クッション性は

見た目はアディゼロ ジャパンに似ていてソールが厚めです。クッション性は良さそうですね。アディゼロ ジャパン+カーボンのイメージでしょうか。

永遠のライバル・ナイキが使っているミッドソール・ズームXとアディダスのブーストを個人的感想で比較してみました。

安定性 ズームX<ブースト 設置した際の沈み込みはズームXの方が不安定に感じます。スピードを上げるとブーストも不安定になりがちです。ブーストの方が安定感はありますね。

クッション性 ズームX>ブースト ここはズームXですね。あのフカフカ感はクセになります。

反発 ズームX≧ブースト 反発は甲乙つけがたいですがフォアフットでピンポイントに押した時の反発はズームXですかね。

軽さ ズームX>ブースト 実際測ったわけではありませんがヴェイパーフライのボリューム感であの軽さは衝撃ですね。ここはズームXでしょうか。

価格 ズームX<ブースト ズームXの入るシューズはペガサスターボの約2万から。ブーストの入るアディゼロ ボストンは1万3000円からという事でブーストの方が安上がりですね。

個人的な比較ではズームXに分があるように感じます。

しかし、そこはアディダスの最上級モデルということでしっかり仕上げてもらいたいと思います。

フォアフット向きのシューズ?

この冬に出たアディゼロシリーズはフォアフット向けのシューズになっているようです。アディゼロプロも形を見る限りドロップが高く(前足部と踵の高低差)フォアフット向きに見えますね。どのようなシューズになっているか楽しみですね。

気になるニュース

昨年の全日本大学駅伝で青山学院大学の選手がアディゼロ プロのプロトタイプを履いていたようです。

https://hochi.news/articles/20191102-OHT1T50071.html

この時は著しい結果は得られなかったようです。その証拠に、その後の箱根駅伝では青山学院の選手がヴェイパーフライに履き替えています。

これはあくまでプロトタイプの話なので大幅にアップデートされていることを期待しましょう。

悩み

アディダス好きのパパランとしては購入したけど、ヴェイパーもあるし、高いし悩ましいところです。

結果の出ている3万円を選ぶか未知数の2万4千円を選ぶか・・・普通は前者ですよね^^;

そこ乗り越えるかはアディダス愛次第・・・悩める日々はまだ続きそうです(°▽°)

投稿者

paparun

40代で5000m14分台を目指す三児のパパです。年齢問わずタイムを伸ばしたい人や練習方法がわからない人、目的を共にする人に参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です